Search
Search Menu

トヨタ自動車 電気自動車・electriccarの使命

いまだからこそ電気自動車・electriccarについて真剣に考えるべきではないでしょうか。

果たしてトヨタ自動車は【電気自動車・electriccar】とどのような向き合い方をしているのでしょうか。

電気自動車の免許取得はムーチョで

トヨタ自動車の場合

トヨタ自動車は、2019年6月7日、ついこないだのことですが、電気自動車・electriccarの普及を目指してという説明会を開催しました。

いままでトヨタ自動車は電気自動車・electriccarに対して相当遅れている向きがありましたが、

ここで挽回を主張することになります。

トヨタ自動車は真剣に電気自動車・electriccarと向き合うことに決めたのでしょうか。

世界がいままさに日本のトヨタ自動車の動向に注目しています。しかし内容の幅が広すぎて、トヨタ自動車が何を考えているのか真実がわからないという意見かがほとんどでした。

寺師茂樹副社長じきじきに

トヨタ自動車の説明会には寺師茂樹副社長、 豊島浩二ZEVファクトリー部長と海田啓司電池事業領域領域長という面々が登場し、様々な質問にも回答するカタチを取りました。

私達はどう考えるべきか

トヨタ自動車といえば電気自動車・electriccarの立場を今まで明確にして来ませんでした。

またトヨタ自動車といえば電気自動車・electriccarに対していろいろなニュースが錯綜していました。

パナソニックとの電池の共同開発、そして電気自動車・electriccarの開発のための新しい会社が設立、また中国・上海モーターショーでのBEV発表、グローバルで10車種以上の電気自動車・electriccar展開について発表し、また、スバルとBEVプラットフォームの共同開発、 マツダ&デンソーと電気自動車・electriccar共同開発、スズキ&ダイハツとの小型の電気自動車・electriccarの開発スタート……。

いつ電気自動車・electriccarと向き合うのか

トヨタ自動車は、電気自動車・electriccarに非常に前向きになったというニュースが飛び込んで来ていますが、実際には、一体いつトヨタ自動車が真剣に、電気自動車・electriccarと向き合うのかがわからないのです。

電気自動車・electriccarの普及を目指してという説明会の開催によって、トヨタ自動車に対しての疑惑はもっと高まってしまったともいうことができるかもしれません。

トヨタ自動車は、電気自動車・electriccarに対して本気なのかという問題に、説明会を開催したことで、本気だということを言いたかったのかもしれませんが。

決して、世界のトヨタ自動車が、無駄な説明会を開催するはずはありません。

敢えて、私達は、トヨタ自動車の説明会に対して、意味をしっかり考えなければならないのです。

Leave a Comment

Required fields are marked *.